安心して契約したい生命保険

養老保険とは

生命保険のさらに別の種類に養老保険があります。以前はとても多くの人が利用していましたが、最近では利用者が少なくなってきています。この養老保険の大きな特徴は死亡した時に支払わる保険金と、満期時に支払われる保険金が同じだという事です
つまり、契約の途中で死亡した場合にも満期時と同じ金額が支払われれるという事です。貯蓄性は終身保険より高いのですが、その分保険料も割高になります。しかし、死亡時の保険料は少ないです。そういった意味では、養老保険は貯蓄重視の保険とみなすことができます。以前は今ほど平均寿命が長くなく、この養老保険で万一の保証と老後の積立の両方を兼ねることができました。しかし、今では養老保険の満期を過ぎた後の保険の未加入者が増加し、そういった理由で終身保険を利用する人が増加してきました。
この養老保険には2種類の支払い方法があります。一つは平準払です。これは、年や月単位で支払う方法です。この方法で払い込むと、契約者が死亡した場合に受取人が保険料を払う必要がなく、死亡保険金を受け取ることができます。もう一つは一時払いです。これは一括で払い込む方法です。この方法だと、保証メリットとなる保険料の免除はありませんが、利回りがとても良いのが特徴です。そのため、以前は金融商品として利用する人もいましたが、予定利率によって元本割れすることもあり注意が必要です。いずれにしても他の保険より保険料は高いです。貯蓄をメインに利用しようという方にお勧めの保険です。
この保険は以上のような特徴があるため、長期間でまとまったお金をためながらも小さな保証を得たい人や、1000万位の保証を確保しながら老後資金も確保したい人、さらに貯蓄性のなるべくある保険を利用したい人等にお勧めの保険です。逆に出来るだけ保険料を抑えたい人や、死亡時に保険金を残したい人にはこの保険は向いていません。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る