安心して契約したい生命保険

定期保険とは

生命保険には大きく分けて2種類のタイプがあります。一つは掛け捨てタイプの定期保険です。もうひとつは貯蓄タイプで、養老保険や終身保険などがそれにあたります。定期保険とは、その保険の期間が決められていて、その期間内に死亡したり障害を負ったりした場合に保険金が支払われます。
この定期保険は掛け捨てなので、他の貯蓄タイプの保険と違い満期になってもお金が支払われることがありません。しかも、長期の契約だと実際に貯蓄型保険の方が安くなることもあります。ですから、見方によってはもったいないと感じる人もいます。しかし、やはりこの定期保険にもメリットがあります。
定期保険を利用する人の大きな理由としては、保険料が安いという事です。そして、安い割には補償額が大きいです。例えば、小さな子供を持つ家族の場合、子供養育費の為に多くのお金が必要になります。ですから、終身保険のような高額な保険に加入するのが難しいことがあります。そこで、子供が独立するまでの間この定期保険を利用することによって、保険が家計にかける大きな圧迫を防ぐ事ができます。若いうちから終身保険などの貯蓄性の保険に加入することは有効ですが、それも満期まで保険金を払い続けることが条件となります。もし払えなければ、全く何の保証もありません。ですから、自分の現在の収入や出費、将来の事を考えて定期保険を選択するする人も少なくありません。
しかし、注意すべきなのは、定期保険の満期時に同じ保険商品を契約すると、その更新の時の年齢で保険料が計算されるため、保険料が高くなるのがほとんどです。ですから、大きな補償が必要な時に定期保険を利用し、貯蓄の意味で利用したい時に貯蓄型を利用するのが良い方法といえます。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る