安心して契約したい生命保険

終身保険とは

生命保険の一つの種類の中に終身保険があります。この終身保険は加入すれば一生保償され、死亡時に保険金が支払われるものです。保険料は一定で、保償も一生涯で安心感がありますが、やはり保険料は割高です。
この終身保険は、契約が若ければ若いほど得をする仕組みになっています。若いうちに加入すれば、最終的には定期保険より保険料が安くなります。さらに、途中で解約すれば解約金が返還され、また保険料を支払い続けた場合満期で帰ってくる払い戻し金が、支払った金額より大きくなります。保険料が一生上がらないことも大きなメリットであり、若い頃に契約すればその金額を払い続ければ良いのです。
貯蓄型の保険と、定期型の保険は、その必要に応じて使い分けるなら有効利用することができます。例えば、死亡保険は、定期保険の方が少ない保険料で高い補償を得ることができます。さらに、そういった事態はいつ生じるか分からないという意味でも、定期保険がお勧めです。一方医療保険は終身保険の方が良いといえます。なぜなら、病気やけがといったリスクは年齢が上がれば上がるほど高くなるからです。定期保険の場合、年齢が上がれば上がる程保険料が上がり、更新のたびに負担が大きくなります。終身保険の場合、契約時の年齢で保険金が計算されるため、その値段を払い続けることによりずっと補償を得ることができます。もし一度大きな病気をした場合、定期保険では契約更新時にその病歴が補償内容に制限を加えたりすることもありますが、終身保険の場合そのような事もありません。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る