安心して契約したい生命保険

アカウント型保険とは

アカウント型保険とは、正式には利率変動型積立終身保険といいます。これは保険の持っている保証の部分と、貯蓄の機能が分離された保険であり、自由設計型保険とも呼ばれています。
この保険については、インターネット辞典ウィキペディアでこのように定義されています。
アカウント型保険とは生命保険の一種。アカウントとは口座のことで、銀行における預金口座に似た積立金部分があるのが特徴である。2000年以降、一部の生命保険会社で定期付終身保険にかわる新たな主力商品として販売されているものである。利率変動型積立終身保険などと呼ばれることもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アカウント型保険 参照}
この保険の原型は定期付終身保険です。主契約である終身保険を、保険料の払込期間中に積立金として扱い、その間の保障については他の特約で補う形をとっています。保険料の支払いの為に積み立てられるお金を元に、保険満了時に終身保険に切り替えられます。この保険のメリットは、積立金を途中で引き出したり、掛け捨ての保険にかかる費用を積立金から引き落とすことができるという事です。さらにお金に余裕がある場合、そのお金を積立金に追加することも出来ます。
しかし、デメリットもあります。それは、契約時に様々な事が予測できないという事です。つまり、払い込み満了時の積立金や年齢、保険料率で終身保険の保険料率が変わってきてしまいます。予定利率の最低保証はありますが、定期的にそれは見直され、また積立金も簡単に取り崩しができてしまうので、予定通りになかなかいかないことが多いです。また、もし予定通りに積立が出来ても払い込み満了時の保険料率が悪ければ、良い終身保険に契約出来ないこともあります。ですから、そういったデメリットの部分も考慮の上契約する必要があります。                             

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る