安心して契約したい生命保険

生命保険の生命表

以前にもふれたとおり、生命保険の起こりは17世紀のセントポール寺院の牧師達が葬式代をまかなうために、お互いすこしづつ出し合って積立をし、亡くなった人に対して支払われるものでした。しかし、この制度の欠点は、若い人も比較的高齢の人も同じ値段を支払うというものでした。つまり、若い人は亡くなるまでずっと払い続ける事が多く、不公平感が否めないものでした。
しかし、この問題は後に解決されました。その解決の糸口となったのが生命表です。この生命表はあの有名な「ハレーすい星」を見つけた天文学者エドモンド・ハリーです。彼は実際に人間の寿命について調査し、その統計を作製しました。それが、生命表です。かれは、年齢ごとに生存している人の割合を統計として作成しました。
この生命表はなぜそれほど画期的なのでしょうか。たしかに、個人的に一人一人について考えると、誰が何歳で亡くなるかを知ることはできません。しかし、大勢の団体で見ると、何歳の頃に大勢の人のうちどれくらいに割合の人が亡くなるかは、この生命表で出されている割合に限りなく近くなります。つまり、各年齢ごとに保険料を払う人の人数や、保険料を受け取る人の人数がおおよそ分かり計算できるようになるわけです。この生命表を基に、死亡する確率に応じて支払う金額に差をつける事が出来るようになりました。その結果、最初の保険制度にみられた不公平感がぬぐわれました。
この生命表は、戦争や自然災害の事は考慮にいれられていません。戦争や自然災害が起こると、生命表の統計とは全くかけはなれてしまうものです。ですから、各生命保険ではたいてい、そうした例外が起きた時の免責事項が記されています。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る