安心して契約したい生命保険

生命保険の危険選択とは

生命保険は、相互扶助の理念、つまりいざというときのリスクを埋め合わせるために平素に大勢の人が公平に資金を出しあう、という方法で成り立っています。しかし、保険に加入する各個人の状況はことなり、リスクの大きさも人によってことなります。そのリスクの大きさの違いによる不公平を減らすために、保険会社が被保険者との契約が適切かを判断することを危険選択といいます。
つまり、リスクが異なる人が同じ条件で保険に契約すると、リスクの大きい人は損をし、リスクの少ない人は得をするという不公平が生じます。その結果保険制度が健全に運営出来なくなったり、保険制度を悪用して不当に保険金を得ようとしたりする事が生じかねません。ですから、個々の人のリスクを考慮して適切な契約をすることは大切な事です。
保険に加入する人のリスクは色々ありますが、大きく分けて二種類に分けられれます。一つは実質的リスクで、もう一つは道徳的リスクです。
実質的リスクには身体的リスクと環境的リスクが含まれます。身体的リスクとは、被保険者の体の状態、健康であるかないかという事です。さらに環境的リスクとは、契約者の生活環境が関係しており、主に職業や仕事の内容に関するリスクを指します。
道徳的リスクとは、保険を利用して不当に利益を得ようとする心理状態の事です。よくドラマであるような保険金詐欺や、入院給付金が目的の不正な行為などがこのリスクに関係します。
こうしたリスクが高い人ほど保険に入りたがる傾向にあります。しかし、保険加入者がこのようなリスクの高い人ばかりだと、保険制度が成り立たなくなります。そこで、保険会社が被保険者の選択を行ったり、加入条件を変更するなどして対処する必要があります。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る