安心して契約したい生命保険

解約払戻金とは

保険料の計算方法には2種類あり、ひとつは平準保険料方式で、もう一つは自然保険料方式です。解約払戻金が関係してくるのは前者の平準保険料方式です。後者の自然保険料方式は、各年齢における死亡率に応じて計算する方式であり、払い戻されるようなお金を事前に支払うこことはありません。
一方平準保険料方式では、事前に前払いのような形で、各年齢における死亡率よりも高額な保険料を支払う事になります。もし契約期間の、特に若いことに解約することになると、余分に保険料を払ってしまったことになります。ですから、保険会社は被保険者から余計に受け取った保険料を返還する必要があります。これが、解約払戻金にあたります。
中には、保険を解約する時に支払った金額がそのまま返還されると勘違いしている人もいるようですが、その様な事はありません。また、保険によって仕組みが異なり、解約払戻金が支払われない保険もあります。
被保険者が支払う保険料は、全て保険の支払いに充てられるわけではありません。ですから、保険と預貯金は全く違います。保険の場合、支払われたお金は保険会社の運営や利益を出すための資金に充てられます。ですから、解約する場合、そうした金額を差し引いた金額が返金されるようになります。このような理由から、契約したばっかりの頃にすぐに解約するならば、お金が全く返金されないこともあります。多くの保険では、契約時に解約払戻金が設定されています。しかし、変額保険では保険金額以外に解約保険金も変額します。
一般に生命保険では、貯蓄性の高い終身保険や養老保険の解約払戻金が高い傾向にあり、逆に貯蓄性の少ない定期保険では解約払戻金がすくないという傾向にあります。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る