安心して契約したい生命保険

生命保険の三利源と配当金

生命保険の保険料には、純保険料と付加保険料に分けることができます。純保険料とは保険金支払いを目的として徴収される保険であり、付加保険料とはそれ以外に使われる金銭です。たとえば、事業経費等にあてられる金銭がそれにあたります。
純保険料の金額は、被保険者の年齢に応じた死亡率をもととして計算され、責任準備金の運用利率も考慮に入れられて決定されます。しかし、実際の額、つまり死亡数や利率は終わってみないとはっきりわからないものです。ですから、それぞれ予定死亡率や予定利率と呼ばれています。
一方付加保険料は、新契約締結にかかる費用と、契約の維持にかかる費用、保険料の集金にかかる費用の三種類に分けられます。これらの費用もやはり終わってみて初めて分かるものです。ですから、あらかじめ必要な額を見込んで保険料の計算が行われます。この時の計算に使用される率を予定事業律といいます。
こうした、見込まれる費用と実際に使用する費用は必ず差額が発生します。このとき予定死亡率の差額を死差額、予定利率の差額を利差額、予定事業差額を費差額とそれぞれ呼びます。そしてこの三つを三利源と呼びます。
この見込まれる費用が少ないと、保険会社にとっては経営が苦しくなり、契約後に増額することも出来ません。ですから見込み額はかなり余裕をもって計算されています。よほどの事故が起こらない限りこの三利源はプラスになるように設定されています。このプラスになった差額のことを余剰金と呼びます。この余剰金は、結果的に分かることですが徴収する必要が無かったお金であり、契約者に還元する必要があります。これを配当金と呼びます。最近では、保険の料金をかなり安くおさえて、その代わり配当金も出ないという保険も少なくありません。ですから、保険の契約をよく確認する必要があります。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る