安心して契約したい生命保険

知っておこう生命保険の仕組み

生命保険の仕組みとはどのようなものでしょうか。これほど日本で知れ渡っている制度ですか、その仕組みについては割としられていません。
そもそも、保険制度は万が一の時の為に支払われる補償制度です。契約者が病気やけがで仕事ができなくなった時に給付金としてお金をもらえたり、契約者が不幸にも亡くなった場合に、その遺族に対して保険金が支払われたりします。ですから、加入者や遺族が困らないようにするための助け合いの制度です。
この保険制度を維持するためには、なるべく多くの人が加入する必要があります。もし、加入者が少ない人数の場合、加入者に大きな補償がなされたらすぐに資金が尽きてしまします。そしてその制度は維持できなくなります。ですから、保険制度をきちんと成立させるためにはなるべく多くの人がその制度に加入する必要があります。
そこで、国や会社が運営し、できるだけ多くの人からお金を集めることによって維持するようになりました。そうした保険を運営する国や会社は、多くの人から集めたお金を用いて利益を出し、その利益を必要な人への給付金や保険金として支払うことになります。運営する会社がどのように利益を出すかというと、契約者から集めた資金を株式や債券、不動産に投資しするといった方法があります。
保険加入者からすれば、保険は支払いを受け取る機会があるかないか分からないものです。しかし、万が一の事が起こった場合に手厚く補償を受けられるのも保険です。簡単にいうと、出来るだけ多くの人から広く少なくお金を集め、保険を運営する会社や国が補償する、相互扶助の制度といえます。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る