安心して契約したい生命保険

日本の生命保険の歴史

日本でも、はるかに昔の鎌倉時代や室町時代にすでに保険に似た制度がありました。鎌倉時代には頼母子講(たのもしこう)という言う制度が、室町時代には無尽という制度がそれぞれありました。頼母子講や無尽とは庶民の相互扶助を目的として設立されました。その内容は今日の保険に似たものではありますが、科学的計算にもとづくものではありませんでした。その後、実際に西洋の確立された保険制度が導入されたのは暫く経ってからの事です。あの有名な福沢諭吉が、西洋の文明や近代産業を紹介した「西洋旅案内」という本の中で、病院や銀行、郵便や議会制などを紹介しましたが、その中に保険の制度も紹介されていました。ですから、日本に近代保険制度が紹介されたのは日本の開国以後でした。福沢諭吉は、その本の中で(人の生涯を請け負う事)として、イギリスの進んだ保険制度を紹介しました。
その後、本格的な生命保険会社が設立されたのは1881年の事です。福沢諭吉の門下生の阿部泰蔵という人物が、他の仲間と共に明治生命を立ち上げました。続く1889年には日本生命が誕生しました。この明治生命は今日の明治安田生命の前進となる会社です。
しかし、これらの生命保険会社も、設立当時は人々に受け入いれられづらかったようです。というのも、人々は生命保険会社を、人の生死を商売にするものと誤解してしまったからです。しかし、徐々に保険の理念が広がってゆき、今日ではほとんどの人が何らかの保険を利用しています。いまや、保険は日本人にとって生活に欠かせない、重要な制度の一つとなっています。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る