安心して契約したい生命保険

生命保険とは

生命保険の由来について考えると、はるか以前の時代にさかのぼります。人はもともと、集落生活や大家族の中で、予期せぬ不幸に遭ったりした人たちをお互いに助け合うという習慣がありました。しかし、後に産業の発達と共に生活の分業化が進み、また家族の単位が小さくなり、それによって一家の主な収入を得ているものに何か問題があった場合の、家族への影響が非常に大きくなってきました。そこで作りだされたのが、お互い助け合う生命保険の仕組みです。
ここ日本では、福沢諭吉によってこの保険の仕組みが紹介されたのがきっかけのようです。彼が慶応三年に「西洋旅案内」によって近代の保険制度を紹介し、その後明治になって本格的にこの保険制度が始まりました。
この生命保険については、インターネット辞典ウィキペディアでこのように定義されています。『生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。』
ウィキペディアの生命保険の項を参照。http://ja.wikipedia.org/wiki/生命保険
つまり生命保険とは、自分や家族に病気や死などの万が一の場合に、その損害を補償してくれる仕組みのことを指します。この生命保険は傷害保険と似ていますが、幾つかの点で異なっています。傷害保険は急に起こる事故や外傷に対して保証されるものです。一方生命保険は、年齢が高くなるとともに起こりやすくなる体の不具合、つまり病気やまた死亡に対しての保証の意味が濃いものです。ですから、傷害保険とはその本質の部分で意味が異なります。
また、保険の種類や契約にもよりますが、保険の満期と共に、満期保険金が帰ってくることが多いです。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る