安心して契約したい生命保険

生命保険豆知識

生命保険の契約にあたって様々な事を考慮する必要があります。まずは、税金です。契約によっていろいろ変わってきますが、ここで幾つかの例をあげます。たとえば、夫が被保険者で、さらにその夫が契約者で受取人が妻の場合相続税の対象になります。しかし、この場合税金の軽減の制度があるため実際に税金はかかりません。妻が契約者と受取人を兼ねている場合、所得税と住民税の対象になります。そのため、妻の所得とこの保険金が税金の対象になります。さらに、妻が契約者で子供が受取人と設定する場合、保険金は贈与税の対象となります。ですから、こうした税金を考慮に入れたうえで、保険の契約をする必要があります。
さらに別の点として、もし保険会社が破たんした場合どうなるのでしょうか。本来ならその保険は無効になりますが、保険という商品は契約者への影響が大きいことから、保険会社がお金を出し合って契約者保護機構というものがつくられています。その契約者保護機構、もしくは別の保険会社がその保険を引き継いで履行することが多いです。しかし昨今の経済事情でこの仕組みも限界に近い状態であるといわれています。
保険料の支払いにおいては、先に保険料を払えば払うほど安くなります。例えば月ごとに払うよりも年ごとに、年ごとに払うよりも一括で払う方が安くなります。さらに、個人で加入するよりも企業や団体で一括で契約する方が安くなります。このような方法をうまく利用することができます。

安心して契約したい生命保険Topに戻る

広告

ページのトップへ戻る